「まっくんお休み処」開設 大芝高原味工房内

LINEで送る
Pocket

味工房内の多目的体験室を一般開放して設けた「まっくんお休み処」

南箕輪村の大芝高原味工房は2日、施設内にある多目的体験室の一般開放を始めた。冬期間中の利用客に飲食や休憩の場などとして気軽に利用してもらおうと、「まっくんお休み処」と銘打ったフリースペースを開設。ゆくゆくは、利用客や農産物生産者、味工房スタッフらが集い交流する、憩いの場となることに期待している。

同体験室は、昨年4月の味工房のリニューアルに合わせて新設。週末を中心に工作教室や料理教室などを開いてきたが、平日はほとんど活用されていなかった。今回、冬期間中の、寒さをしのぐイートインコーナーとして利用してもらおうと計画。飲食物を温める電子レンジのほか、場をにぎやかにするために簡易ラジオも設置した。無料で利用でき、飲食物を持ち込むことも可能だ。

発案した村の地域おこし協力隊の小松朋也さんは「成長型で試験的な試み」とし、住民の集いの場になるように、利用者の要望を取り入れながら、改善していきたい考え。「公園のベンチで一息入れるように気軽に利用してもらえれば」と願っている。

利用時間は午前9時30分~午後5時。問い合わせは味工房(電話0265・76・0054)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP