御射鹿池で会おう 「結日記」3回目始まる

LINEで送る
Pocket

「結日記」の日記帳。赤い糸をしっかり結んで参加者に発送した

茅野市は5日、交換日記から始める婚活企画「結日記~恋に、想像力を。」で、市内と市外でカップリングされた男女10組がやり取りする日記帳を、市役所から発送した。顔の見えない相手との交換日記を計10回行い、2人の会いたい気持ちが一致すれば来年3月上旬にも出会いが実現する。

「結日記」はシティプロモーションの一環。昨年12月の第1回には10組が参加し、5組のカップルが誕生した。今年6月から始まった第2回は15組が継続中で、出会いの場面に入っている。3回目の今回は、初めて福島県西会津町と宮崎県椎葉村と共同開催した。

今回の応募者は男性46人、女性53人の計99人。市内が13人(うち女性3人)、県内含む市外が86人(同50人)だった。20~30代が中心で、北海道から鹿児島県まで応募があり、居住地や年齢、趣味や職業などを踏まえて茅野市が10組20人(うち茅野市内は男性9人、女性1人)、西会津町5組10人、椎葉村1組2人をマッチングした。

日記帳は、人となりが分かるように主催者側が用意した企画ページと、自由に書き込めるフリーページがあり、それぞれの役場を介して10回分を約3カ月かけてやりとりする。意思表示の「しおり」を両者が挟むと各市町村で出会いが実現。茅野市は「御射鹿池」が出会いの場となる。

おすすめ情報

PAGE TOP