親子でクラフト体験 SUWAプレミアム5社

LINEで送る
Pocket

オリジナルの金メダル作りのコーナーで、表面を磨いた真ちゅうにアメジストやトラメイシをくっつける子どもたち

諏訪地方のものづくり技術を生かした製品をそろえる独自ブランド「SUWAプレミアム」の認定商品を扱う5社が集ったクラフト体験会「諏訪で生まれた素晴らしいクラフトの世界」が諏訪市の駅前交流テラスすわっチャオで開かれた。各社の製造技術を楽しんで体験できるコーナーを設置。大勢の親子連れらが訪れ、木製のおもちゃや笛、バラ型のキャンドル作りなどを楽しんだ。

家具製造の小島屋(岡谷市)、木で作ったオリジナルの笛を制作販売するhocco(ホッコ・原村)、化粧品製造販売のフロンティア蓼科(茅野市)、金属加工の松一(諏訪市)、手作り小型スピーカーやアンプを扱うMHaudio(エムエイチオーディオ・富士見町)が参加した。

松一は金属の研磨を体験してもらおうと、オリジナルの金メダル作りを行った。直径約4センチの真ちゅうを研磨剤を含ませた紙ワイパーで何度も磨き、表面の光沢を出した。表面にはアメジストやトラメイシなどの装飾を自由に付けて、リボンを通して仕上げた。中洲小学校3年の梅垣咲希さん(9)は「磨くと紙が黒くなってびっくりした。飾りも付けられて楽しかった」と話していた。

他にも手作り小型スピーカーの試聴や木のコースター作り、無料で指輪を磨いてもらえるコーナーもあった。

主催した諏訪市産業連携推進室は今年度、SUWAプレミアムに親しんでもらう催しを4回計画しており、これまで子ども向けの工場見学や女性向けのヨガや化粧品の体験会を開いた。今回は3回目だった。

おすすめ情報

PAGE TOP