18歳からの選挙権 未来へ願う一票

LINEで送る
Pocket

選挙権年齢の18歳以上への引き下げが適用される初の国政選挙となった今回の参院選。10日、諏訪地方でも新たに選挙権を得た18、19歳の若者たちが、さまざまな願いを込めて一票を投じた。

「大人に一歩近づけた」。茅野高校3年の野々村花子さん(18)=原村上里=は投票を終えて笑顔を見せた。同校の生徒会長。関心がある問題は子育て支援や教育支援。「投票したことで自分が選んだ政党の今後にも関心が生まれた」と話した。一緒に投票した父親の成人さん(60)は「若者、特に高校生が政治に関心を持つためには親のサポートが必要。親が日頃から政治に関心を持ち、選挙に行くという見本を示せば、子どもの政治への姿勢も変わってくるはず」

学校で選挙管理委員長を務める諏訪実業高校3年の宮下三貴也君(18)=諏訪市上川=は、消費税引き上げの行方に特に関心があるといい、新聞で候補者の主張や政策の違いを比べて投票に臨んだ。「若い世代の投票率が低くなると、必然的に高齢者の意見が反映される政治になってしまう」と、若い世代の投票率向上も願っていた。

会社員の小野奎弥さん(18)=岡谷市今井=は、会社の労働組合が推す候補に一票を投じた。「組合から説明を受け、納得した上で投票した。期待感もある」とし、若者の声が反映される政治の実現を求めていた。

諏訪東京理科大学電気電子工学科2年の伊藤勇輝さん(19)=茅野市玉川=は投票を終え「国の政策に関わったという思い」と振り返った。一番の関心は日本が抱える借金(国債)。「ギリシャみたいに破綻するのではと不安。借金対策を推し進めてくれると思う政党を選んだ」。友人と政治について語り合う機会も増えたといい「意見が割れることもあったが同世代と話し合えるのはいいこと」と、制度を前向きに受け止めた。

おすすめ情報

PAGE TOP