「複業人材」の活用方法紹介 岡谷でセミナー

LINEで送る
Pocket

「複業人材」の活用について理解を深めたセミナー=テクノプラザおかや

岡谷市の八十二銀行岡谷支店と長地支店は12日、「都市部の即戦力・複業人材活用支援セミナー」を同市のテクノプラザおかやで開いた。市内の企業経営者や人事担当者ら20人余が参加。働き方改革の一環で副業(複業)を解禁する動きが広がる中、知識や経験豊富な都市部の人材を即戦力として活用する方法を紹介した。

地方企業の人材不足を解消する手段として、副業人材の活用を考えてもらおうと、市との共催で初めて企画した。講師は大都市と地方をつなぐ人材シェアリングサービスを手掛け、同行と業務提携する企業「JOINS」(東京)社長の猪尾愛隆さん。セミナーでは都市部の企業に勤めながら、週末や空いた時間などを利用して地方企業でも活躍する人材の活用方法を説明した。

猪尾さんは「この2年で大手主要企業の半分が副業を解禁している」とし、減少が続く労働人口については「大都市圏ではなく地方から減る。採用の工夫や初任給の問題ではない」と断言。副業解禁の流れは地方企業にとって「大きなチャンス」と訴えた。

副業人材の特徴としては▽経験豊富で高品質▽業務委託契約なので単発、短期が可能▽未活用時間なので割安―の3点を指摘。成果を期待できる業務は「緊急度は低いが仕事の重要度は高い、未来に必要な業務」とし、具体的な活用事例を説明した。

講演に続き、同社のサービスを利用するニシキ精機(同市長地梨久保)の山田昌義社長が事例発表し、副業人材を活用した取り組みを紹介した。

おすすめ情報

PAGE TOP