冬の長谷に「クリスマスツリー」輝く

LINEで送る
Pocket

冬空の下できらめく「南アルプスむら長谷」のクリスマスツリー

伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」の前庭に14日夜、クリスマスツリーが登場した。地域住民らが午後から集まり、高さ8メートルのモミの木に手作りの間伐材オーナメントを飾り付け。カウントダウンに合わせてイルミネーションが点灯すると、歓声と拍手が湧き起こった。来年1月7日ごろまで点灯を続ける。

点灯式は、サンタ帽子などをかぶった長谷中学校音楽部の6人によるハンドベル演奏で幕開け。冬空の下でモミの木が光輝くと、ハンドベルの音色に合わせて全員で「ジングルベル」を歌った。

ツリーの点灯は都市住民を招いた昨年12月の交流体験ツアーで行われた企画で、市地域おこし協力隊の田中聡子さんが中心となり、「2019HASE Xmas」として継続。地元の若者や女性たちも運営に協力し、道の駅隣接のビジターセンターで、間伐材オーナメントやキャンドル作りなどのワークショップを開催。親子連れらでにぎわいを見せた。

長谷中2年で音楽部部長の池上遥さんは「すごくきれいです」とうっとりし、「冬の長谷のシンボルになってほしい」と願いを込めていた。

おすすめ情報

PAGE TOP