来年4月19日開催決定 ラリチャレ八ケ岳

LINEで送る
Pocket

今年4月、約2万3000人が来場した第2回大会

3回目を数える自動車の初心者向けラリー競技会「TOYOTA・GAZOO・Racing(トヨタ・ガズー・レーシング)ラリーチャレンジin八ケ岳茅野」が、2020年4月19日に茅野市内で開催されることが正式決定した。

ラリーチャレンジは、トヨタ自動車が全国展開するモータースポーツ活動の一つ。茅野市での競技会はトヨタとの連携で茅野商工会議所が主催するイベントで、18年から3年連続での開催となる。第1、2回ともに市運動公園を主会場に開かれ、全国各地から約2万3000人が集まるなど、茅野市の一大イベントになりつつある。

同会議所では第3回大会も県と茅野市、ちの観光まちづくり推進機構などの後援を受けて開催する考えで、年明け早々に実行委員会を開き、開催に向けて本格始動する。

過去の大会では特に、参戦者の車が1台ずつ出発するセレモニアルスタート、市内各所に設置したリエゾン応援スポット、会場内の飲食物販コーナーが好評で、次回大会ではそれらをさらに充実させ、来場者の利便性を考慮した会場配置にしていくという。また地元の高校や公立諏訪東京理科大学にも参画してもらい、さらに地域密着型の大会へと発展させる考え。

大会前日の18日にはレース車の車検や聖光寺参拝、前夜祭などを予定。同会議所の守屋正光専務理事は「今後はより地域も巻き込み、将来にわたって開催していける仕組みづくりも考えていかなくてはならない」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP