招福だるま入荷 上社ドライブイン

LINEで送る
Pocket

上社ドライブインに入荷した招福だるま

諏訪市神宮寺の諏訪大社上社本宮北参道沿いにある上社ドライブインは、二年参りや初詣の参拝者に販売する招福だるまを入荷している。諏訪地域を中心に東京都や山梨県からも注文があり、従業員が年の瀬に向けて準備に追われている。

だるまが名産の群馬県高崎市から毎年仕入れており、今年は9日から入荷が始まった。16日までに3業者から約6000個のだるまを仕入れた。高さは6センチのミニサイズから75センチまであり、色は赤、白、金、ミニサイズは黄、緑、青、紫、ピンクもある。来年のえとのねずみをデザインしただるま限定150個などもある。価格は500~4万2000円。上社ドライブインによると売れ筋なのは3000~5000円のだるまだという。

16日に諏訪大社上社の神職によるだるまのおはらいがあり、随時販売を始めている。企業や個人の名入れだるまは予約を終えているが、シールを使った名入れは来年1月5日まで可能。30分ほどで完成するため、予約なしの注文も受け付けている。だるまのほかに熊手や置物など縁起物も取りそろえている。

北原弘子社長は「1年間を無事で穏やかに過ごせるよう願いを込めて販売している。名入りに間に合わなかった人のために簡易的な名入れサービスを行っているので利用してほしい」と話した。

1月1~5日の年始めは北参道の複合商業施設「宮町通り社乃風」で販売する。今年飾っただるまを焼く供養祭は1月18日午後1時から行う。それに伴い東参道の上社駐車場に回収場所を設ける。

おすすめ情報

PAGE TOP