2019年12月26日付

LINEで送る
Pocket

弁当や総菜の容器、ペットボトル、レジ袋など身の回りにあふれるプラスチック。便利な一方で、その多くがリサイクルされずにごみになっている現状がある▼捨てられて海岸に漂着したり、海に漂ったりする海洋プラスチック汚染が深刻だ。プラスチック製の網に絡まりもがき苦しむウミガメや胃の中から大量のポリ袋が見つかったクジラ。海の生き物に悪影響を及ぼしている▼諏訪市諏訪中学校の3年生がマイクロプラスチックについて学習した。諏訪湖畔の一定範囲内の土に含まれるプラスチック破片の数を調べて湖一周に換算すると、7000万個以上ある計算になった。「量が多くて驚いた」と生徒。地球規模の課題が身近な「諏訪の湖」に存在することを実感した▼環境問題は音楽イベントも無関係ではないらしい。英ロックバンド、コールドプレイが新しいアルバムのツアーを行わないと発表した。コンサート会場で出るごみや舞台の電力消費など「環境に負荷をかける」というのが理由。「コンサートが環境に利益をもたらすものになるかを模索する」とメンバーは話す▼ペットボトルの飲料を買ってしまう自らを反省し、できることからと、「マイボトル」を持参するようにしている。だが、コンビニエンスストアではレジ袋で商品を受け取ってしまう。便利さに慣れた生活の中でも不要なプラスチックを少しでも減らすことを意識したい。

おすすめ情報

PAGE TOP