宮田村「みやさん」LINEスタンプ販売開始

LINEで送る
Pocket

宮田村イメージキャラクター「みやさん」スタンプのデザインがお披露目された完成発表会

宮田村のイメージキャラクター「みやさん」をモデルにした通信アプリ「LINE(ライン)」用スタンプが完成し、26日に販売を開始した。村役場の若手職員らで構成する魅力創造プロジェクトの発信力強化タスクチームが企画し、村内の母親や高校生の意見を取り入れて制作。若者を中心に利用してもらうことで全国に村を発信し、PRしていこう―と、方言を交えた日常会話で使いやすいデザイン40種類を用意した。

18年5月に始動したプロジェクトの同チームは、スタンプ制作に向け、同じアイデアを持っていた子育て中の母親でつくる「みやだママサポート」と話し合い、同年12月から本格的に制作に取り掛かった。村内の高校生にも意見を聞き、村PR大使でイラストレーターのこいしゆうかさんが意見を基にデザインした。

この日、スタンプ完成発表会が村役場で開かれ、制作に携わった約20人がスタンプをお披露目。「早くおいな♪待ってるに!」と手招きしたり、「ほいじゃね~」と両手を振ったりなど表情豊かなみやさんが並び、小田切康彦村長がスタンプを初購入した。

「いろんな表情を楽しんでもらえるように、いろんなバリエーションで愛情を込めて描いた」とこいしさん。みやだママサポートの高橋智絵代表は「方言をたくさん入れ、優しく伝わるようにした。村内外の人に楽しんで使ってほしい」と笑みを浮かべた。

スタンプ制作に中心になって取り組んできた同チームの有賀駿さんは「みやさんを入り口にして宮田村を積極的に発信したい。今後は他のソーシャルメディアの活用やグッズ制作も考えている」と話した。

販売価格は120円で、そのうち42円が村の収入となる。問い合わせは村役場(電話0265・85・3181)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP