諏訪出身若手女性3人 1月18日コンサート

LINEで送る
Pocket

1月18日にピアノとフルートのコンサートを初開催する内藤さんと花岡さん、松村さん

諏訪地方出身、在住の若手女性3人による初のコンサート「New Year Concert~諏訪地方出身の音楽家による新春の響き~」が来年1月18日、岡谷市のカノラホール小ホールで開かれる。ピアノとフルートでクラシックを中心に十数曲を演奏し、新春にふさわしい春の曲や明るい曲も披露する。3人は「若手ならではの演奏を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

ピアノは内藤彩音さん(23)と花岡愛里さん(25)、フルートは松村佳央莉さん(26)が演奏する。3人は諏訪地方出身の音大生による「帰省コンサート」をきっかけに知り合い、現在は内藤さんと花岡さんがピアノ講師、松村さんは県内外で演奏活動を行っている。

コンサートは2部構成。1部は3人のソロを含め、クラシックを中心に演奏する。組曲「動物の謝肉祭」はピアノ連弾、「パンの笛」はフルート独奏で披露。2部はタンゴやジャズ調の曲も奏でる。賛助出演としてカホンなど打楽器の演奏者を交えて「ブエノスアイレスの冬」などを楽しんでもらう。

開場は午後1時30分、開演は同2時。チケットは前売り、当日ともに一般2000円、小中高生1000円。全席自由。問い合わせは内藤さん(電話090・9669・2901)へ。カノラホール(同0266・24・1300)または笠原書店岡谷本店(同0266・23・5070)でもチケットを購入できる。

おすすめ情報

PAGE TOP