正月彩る食器いかが みはらしの湯で「市」

LINEで送る
Pocket

さまざまな種類の食器が並んでいる「みはらしの湯」のロビー。安価で販売している

伊那市の第三セクター伊那市観光は、同市西箕輪の日帰り温泉施設「みはらしの湯」で食器の販売会を開いている。12月から休止となった同市長谷の宿泊施設「入野谷」など、運営施設で使われていた食器を100円からの値段で販売。27日も大勢の人たちがお気に入りの食器を購入していた。

懐石料理で使われる和食器や、茶わん蒸しに使うふた付きの器、洋皿などが1階ロビーに並ぶ。高遠さくらホテルで使われていた食器や、未使用品もあり、27日に訪れた女性客は「いろいろな種類があって迷いますね」。みはらしの湯によると、まとめ買いする人も多く、売れ行きはいいという。在庫がなくなるまで開催する。

営業時間は午前10時~午後9時半(大みそかと元日は午後5時まで)。きょう28日までは「りんご湯」のサービス、正月三が日には先着100人への粗品のプレゼントがある。

おすすめ情報

PAGE TOP