年末年始を八ケ岳で 登山者続々と入山

LINEで送る
Pocket

冬山装備をして山へと向かう登山者

年末年始を八ケ岳で過ごす登山者の入山がピークを迎えている。30日には、主峰・赤岳(標高2899メートル)への登山口となる茅野市の「美濃戸口」に全国各地から登山者がやって来て、冬山装備を整えて山へと向かっていた。

山小屋関係者によると、例年は30~31日が入山ピークだが、今年は30日が天気予報で悪天候だったため、前倒しや先送りで入山する人が多く、ピークが29日と31日に分散しているという。

現在の山の状況は、例年に比べ雪は少ないものの、場所によっては多くの雪が積もっているという。年末年始の寒波で登山路が凍結して滑りやすくなることも予想されるため、「十分な装備と注意が必要」としている。

埼玉県春日部市からご来光を眺めに来た齋藤啓介さん(54)は「山登りが好きではない家族を残して一人で来た。令和になって初の初日の出が八ケ岳の頂から眺められればうれしい」と話し、大きな荷物を背負って山へと向かっていった。

おすすめ情報

PAGE TOP