「新春宝投げ」盛況 みはらしファーム

LINEで送る
Pocket

新春大宝投げなどが行われた「スタートまつり」

伊那市西箕輪のみはらしファームは2日、「スタートまつり」を開いた。景品盛りだくさんの「新春大宝投げ」には家族連れや地域住民らが大勢詰め掛け、福を求めて両手を伸ばしたり、買い物袋を差し出したりした。

同ファーム運営会議の井踏岩夫議長らが”福の神”となって、トラックの荷台へ。景品は地元産の米や施設利用券などで、引換券が付いた餅を菓子と一緒に投げた。子どもたちも、大人たちも「こっちに投げてー」。にぎやかな歓声が響き渡っていた。

みはらしいちご園のイチゴ狩りもスタート。園内の全施設・店舗が営業し、県外からの観光客も大勢訪れた。

おすすめ情報

PAGE TOP