スタンプラリーで富士見町の魅力集めて

LINEで送る
Pocket

参加施設や役場などに応募箱を置いて参加を呼び掛け

富士見町内の飲食店や宿泊、入浴施設を2カ所巡り、スタンプを集めると賞品が当たるサービスイベント「ハートに恋して八ケ岳の冬スタンプラリー」が始まった。町内28施設が参加し、3月27日まで各店頭でスタンプ押印スポットを設けている。スマートフォンを使った応募もでき、気軽な参加を呼び掛けている。

町と富士見高原リゾート、富士見パノラマリゾートでつくる町観光キャンペーン実行委員会が主催し、9回目。スキー場利用者らに町内他施設も訪ねてもらい、富士見の魅力をゆっくり味わってもらうのが狙いだ。今年は参加が4店舗増えた。

応募は期間中にいずれかの2施設を利用し、店頭でスタンプを台紙に押印してもらうか、スマホで店のQRコードを読み取ってスタンプを得る。昨年からスマホでの応募を導入し、必要スタンプ数も一つ減らしたことで参加者が大きく増え、応募数約700人、県外スキー客が多くを占めたという。

今年の賞品は八峯苑鹿の湯のペア宿泊券、町特産品の詰め合わせ、町内温泉4施設の入浴チケットセット、参加店共通商品券2000円分などで、総勢162人に当たる。

応募は1人1回限り。スマホでの参加はキャンペーンサイトから、紙台紙での参加は参加各施設や役場、観光案内所に備え付けの応募箱への投函、または郵送で町役場内の観光キャンペーン実行委員会へ送る。問い合わせは町商工観光係(電話0266・62・9342)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP