諏訪圏JC新年会 発足20周年の活動本格化

LINEで送る
Pocket

新年度の体制が示された新年会

諏訪圏青年会議所(JC)は12日、新年会(第210回例会)を諏訪市高島のRAKO華乃井ホテルで開き、新年度の活動が本格的に始まった。理事長は正晃(諏訪市豊田)社長の木村献さん(39)が務める。

スローガンは「~同志を信じ共に進もう!諏訪圏の未来のために~」。今年度は岡谷、茅野、諏訪、下諏訪の4JCが一つになり、諏訪圏JCが2001年に発足してから20周年を迎える。20年の歴史を踏まえ、6市町村の住民を巻き込んだ新しいまちづくりのスタイルを模索し、住民参加型のまちづくりの実現を目指す。

新年会で木村理事長は「若手の育成に力を入れ、20年から先を見据えた活動をしていきたい。20周年を迎え、先輩方が行っていた活動、運動と協力してもらった地域の皆さんに感謝し、今後の未来図を描きたい」とあいさつ。来賓の金子ゆかり諏訪市長は「未来に向け、若い力を信じ、皆さんと一緒に頑張りたい」と述べた。

新体制は次の通り。

▽理事長=木村献▽直前理事長=丸茂大介▽副理事長=山岸卓三郎、山崎将寛、小泉勝弘、向山一弘▽専務理事=溝呂木伽奈▽外部監事=三澤郁馬▽監事=飯山陽一、白木智康▽社会・人材グループ常任理事=牛山光、林英知▽20周年特別委員会理事委員長=小原俊充▽諏訪圏躍動委員会理事委員長=大澤司▽経済グループ常任理事=山本麻琴、松澤卓也▽水到渠成委員会理事委員長=西坂柳哉▽地域経済アップデート委員会理事委員長=小泉翔建▽次世代グループ常任理事=高橋純、赤坂慶穀▽かんぽう(管鮑)の交わり委員会理事委員長=古屋瞬▽未来への懸け橋委員会理事委員長=小口順也▽地域創生グループ常任理事=北原友▽諏訪はひとつに向情心委員会理事委員長=中山茂雄▽同委員会理事副委員長=佐藤一樹、両角匠太郎▽総務グループ常任理事=北原悠二朗、山田直哉▽渉外委員会理事委員長=矢崎健太朗▽事務局理事事務局長=瀬畑直▽財政局理事財政局長=小尾浩一

おすすめ情報

PAGE TOP