映画「霊犬戦士ハヤタロー」 2月14日公開

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市に伝わる霊犬早太郎伝説を題材にした映画「霊犬戦士ハヤタロー~伊那谷幽玄の戦い」を制作する「信州フィルムパートナーズ」とシネマ・エンタテインメントは、映画の公開日が2月14日に決まったと発表した。伊那市の旭座で先行公開。当日は主演の佐藤永典さんや岡本英郎監督らが舞台あいさつを行う。

作品は霊犬早太郎伝説や天竜川の河童伝説を題材に、都会の暮らしをやめ故郷の伊那谷に戻った主人公が奇怪な事件に巻き込まれ、夢で見たハヤタローと敵に立ち向かうヒーロー映画。

映画「ゴジラ」「モスラ」やアニメ「機動戦士ガンダム」などのキャラクターデザイン、映画「幽鬼」の監督などを担当した岡本さんが脚本・監督を、伊那市出身のタレント成美さんが共同プロデューサーを務め、早太郎伝説が伝わる駒ケ根市の光前寺や桜の名所・伊那市高遠公園など上伊那各地で撮影を行ってきた。

映画は旭座を振り出しに、4月3日からは岡谷スカラ座(岡谷市)でも上映、先行劇場公開後、順次全国各地で上映していく。

旭座では2月14日午後6時から、初回上映に先立ち、主演の佐藤さんや岡本監督、成美さんをはじめ、出演者の大久保ノブオさん(ポカスカジャン)、湯澤かよこさん(伊那市出身歌手)、オーディションに合格して出演した大島知恵さん=南箕輪村=らが舞台あいさつを予定している。

成美さんは「初めての挑戦で撮影など苦労が多かったが、企業をはじめ多くの方の協力で完成させることができた。一流のスタッフによる本格的な映画に仕上がった。地元を舞台にした作品を楽しんでほしい」と話している。

上映に関する情報は公式ホームページでも公開している。

おすすめ情報

PAGE TOP