高遠高校音楽専攻・合唱部3年生が卒業定演

LINEで送る
Pocket

パフォーマンスを交えながら歌う生徒たち

高遠高校(伊那市)の芸術コース3年生が学習成果を発表する芸術フェスティバルで、音楽専攻・合唱部の第20回卒業定期演奏会が19日、同市高遠町の信州高遠美術館で開かれた。合唱部員12人の今年度の音楽活動の集大成で、3年生8人は高校での学びの成果を歌や演奏で披露した。

第1部では楽器演奏を交えた音楽パフォーマンスが来場者を魅了。第2部では音楽専攻生が3年間の音楽学習を締めくくる独唱や独奏を発表し、拍手を浴びた。

第3部では混声四部の大曲のほか、部員12人で臨んだ今年度のNHK学校音楽コンクールで念願の入賞を果たした仮題曲と自由曲を合唱。3年生で今年度部長を務めた伊藤愛可(まなか)さん(17)は「審査員の先生から『合唱は人数ではないと感じた』と言われ、自信になった。この夏、必死に向き合った2曲を聞いてほしい」と曲紹介した。

合唱部を引き継ぐ4人の2年生は四重唱で3年生を送った。新部長の吹越(ふっこし)李句さん(17)は「先輩の優しい言葉に助けられ成長することができた」と感謝の気持ちを伝えていた。

おすすめ情報

PAGE TOP