火災から文化財守れ 上社本宮で訓練

LINEで送る
Pocket

諏訪大社上社本宮の神楽殿から出火した想定で消火活動を行う消防隊員

文化財防火デー(26日)に合わせ、諏訪広域消防本部(岡谷市)は23日、国指定重要文化財の諏訪大社上社本宮(諏訪市)で消防訓練と防火設備の確認を行った。本部、諏訪、茅野両消防署、諏訪市消防団、諏訪大社などから56人が参加して万一の事態に備えた。

地震の規模を示すマグニチュード7.0の地震が発生し、境内の神楽殿から出火して隣接する社殿に延焼する恐れがある想定で行った。諏訪大社の自衛消防隊が初期消火や119番通報を行い、通報を受けた諏訪広域消防が放水やけが人の搬送訓練を実施。境内の水利や社殿の位置などを確認した。搬送訓練では人形を使い、宝物殿から救出し、救急車に収容した。冷たい雨が降る中、隊員らは真剣な表情で対応に当たっていた。

訓練後、諏訪大社の北島和孝宮司は「諏訪大社としては火事を発生させない努力をしていくが、万が一の事態にはできうる限りの協力をお願いしたい。本番を迎えない訓練であってほしい」とあいさつ。宮坂浩一消防長は「諏訪大社の文化財を次世代にしっかりと引き継ぐためにも火災を出さない、出させないという強い思いで取り組んでいきたい」と述べた。

文化財防火デーは1949(昭和24)年1月26日に法隆寺金堂壁画が焼損したことを受けて定められ、26日を中心に文化財を火災や災害から守る運動が全国的に行われている。

おすすめ情報

PAGE TOP