2020年1月27日付

LINEで送る
Pocket

「お前を飼い主にする前に言っておきたいことがある」―。そんな書き出しで始まる「にゃんぱく宣言」。歌手さだまさしさんのヒット曲「関白宣言」をアレンジし、夫から妻への小言を、猫から飼い主へのメッセージに置き換えた。日本動物愛護協会のCMソングである▼「お前、俺の飼い主ならば俺の体、俺より管理しろ」「家の外に、出してはいけない」「飼えない数を、飼ってはいけない」―。そして、「頼れる飼い主は生涯、お前ただ一人」と結ぶ。ユーモラスな中にも切実な訴えが胸に響く▼幼い頃、何度か犬を飼った。だが世話をしたのは最初だけ。猫も飼ったことがあるが、当時は放し飼いで交通事故で死なせてしまったり、大けがをさせてしまったりした。そんな犬や猫たちに申し訳ない思いでペットは二度と飼わないと決めていた▼ところが、数年前、自宅軒先で野良猫が出産。やむなく子猫を引き取ることにした。過去の反省も踏まえワクチンや去勢・避妊手術を受けさせ、室内飼いを徹底。まさに「にゃんぱく宣言」を実践する毎日である▼残念ながら人間の都合で飼育を放棄されたり捨てられたりするペットがいる。そんな犬や猫の保護活動に取り組む団体の猫の譲渡会に行ってみた。その中から1匹譲り受けることになったが、ほかにもたくさんの猫がいた。ガラス玉のように澄んだ瞳は人間に何かを訴えかけているように見えた。

おすすめ情報

PAGE TOP