おかやまちゼミ6日から 過去最多40講座

LINEで送る
Pocket

「おかやまちゼミ」の受講を呼び掛ける講師ら

岡谷市の岡谷まちゼミの会(杉浦健夫会長)は2月6日から3月15日まで、第6回「おかやまちゼミ」を開講する。市内の商店や事業所など36店舗が参加。健康や美容、ものづくり、食、学びと幅広い内容で、過去最多の40講座、計129回開く少人数ゼミナール。2月4日から、受講希望者の申し込み受け付けを開始する。

店主やスタッフが講師となり、プロならではの専門知識や情報を生かして講座を開く企画。各店の存在や特徴を知ってもらい、客との交流を通して店のファンをつくり、地域活性化につなげようと開いている。

参加店舗は飲食店、酒店、みそ店、化粧品店、靴店、美容院、接骨院など。「プロが教える痛みの原因!ストレッチ講座」「大工が教えるDIY上達術」「あんしん遺言教室」「料理人が教える絶品煮魚教室」など多彩な講座を用意した。36店舗のうち10店舗が新たに参加し、健康と学びの分野が特に充実した。

杉浦会長は「新規の参加店が増え、目標としていた40講座に達した」と喜び、「幅広い年齢層に受講してもらい、初めての店を訪れるきっかけにしてほしい」と呼び掛けている。

同会では講座内容をまとめたチラシを作成し、岡谷市と下諏訪町、辰野町に全戸配布するほか、市内公共施設に置く。各講座、事前予約が必要。受講無料だが、材料費は実費。受講希望者は直接、各店に電話で申し込む。まちゼミに関する問い合わせは事務局の岡谷TMO(岡谷商工会議所内、電話0266・23・2345)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP