今春卒の中高生を応援 駒ケ根ソースかつ丼会

LINEで送る
Pocket

駒ケ根工業高校の3年生に優待券を手渡す駒ケ根ソースかつ丼会の木下進一副会長(左)

駒ケ根市の駒ケ根ソースかつ丼会は29日から3月29日まで、新たな人生のステージに挑戦する市内の中学3年生と高校3年生(定時制4年生を含む)を応援する「人生にかつ(勝)キャンペーン」を行う。28日には木下進一副会長(茶そばいな垣)が駒ケ根工業高校を訪れ、3年生の代表者に優待券を手渡した。

地元の名物を食べて新たな舞台でも頑張ってほしいと、15年目になる取り組み。市内や宮田村の協賛店11店舗でソースかつ丼を応援価格の500円で提供するほか、2店舗では500円引きとする。今年は666人に優待券を贈る。

駒ケ根工業高で木下副会長は「友達や家族と駒ケ根ソースかつ丼を食べ、エネルギーにして人生の勝負に勝ってください」と激励。前生徒会長の濱田千聖さん(17)と同副会長の堂薗和也さん(18)、塩澤真矢さん(18)に同校の3年生111人分の優待券を手渡した。

就職が決まっているという3人は感謝の言葉を述べ、「社会に貢献できるようになりたい」「1人暮らしになるが、頑張りたい」などと決意を新たにしていた。

おすすめ情報

PAGE TOP