新型肺炎 県が対策本部設置 阿部知事指示

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの「指定感染症」の閣議決定を受け、県庁で開いた対策本部

中国で発生した新型コロナウイルスによる感染症を、政府が感染症法に基づく「指定感染症」に閣議決定したことを受け県は29日、阿部守一知事を本部長とする対策本部を発足させた。県庁で会合を開き、知事は県民への正確な情報提供や、県内での発生に備えた関係機関との緊密な連携、想定される影響への対策を各部局に指示した。

県は同日、24時間対応の相談窓口を各保健福祉事務所に設置した。ホームページでは県民向けの感染対策のほか、外国語対応できる医療機関などの情報を英語版、中国語版でも提供している。感染の疑われる患者が現れた際には国立感染症研究所に検査を依頼することになっているが、県の環境保全研究所でも検査できるように準備を進めている。

観光部でも、中国からの旅行が止まっている現状で今後も外国人観光客の減少が考えられるとし、「今後の対応を早急に検討していきたい」とした。

阿部知事は「県内ではまだ発生していない状況で、現段階で過度に心配する必要はないと考えている」とする一方、インフルエンザへの注意も必要な状況とし、「うがい手洗いの励行をはじめとして基本的な感染対策を県民にはしっかりとってもらいたい」と述べた。

県は武漢市から帰国・入国して、せきや発熱などの症状がある場合には事前に医療機関へ連絡した上で滞在歴を告げて受診するよう呼び掛けている。

諏訪保健福祉事務所の相談窓口は、平日午前8時30分~午後5時15分が電話0266・57・2927、休日・夜間(午後5時15分~午前8時30分)が電話0266・53・6000。

おすすめ情報

PAGE TOP