中ア背景に純白の結婚式 駒ケ根市内

LINEで送る
Pocket

中央アルプスを背景にした純白の結婚式で友人らの祝福を受ける松岡勇介さんと松井美希子さんカップル

白銀の中央アルプスを背景にした第18回中央アルプス純白の結婚式(駒ケ根観光協会主催)は1日、駒ケ根市内の2カ所で行った。雲ひとつない青天の下、2組のカップルが東伊那ふるさとの丘と駒ケ根高原で挙式し、親族や友人を前に永遠の愛を誓った。

結婚式は当初、標高約2600メートルの中ア千畳敷を会場に行われる予定だったが、駒ケ岳ロープウェイが支柱の不具合で運休していることから、2組の新郎新婦が市内の好きな場所を選んで実施した。

2組のうち、雄大な中アの景色が一望できるふるさとの丘を式場に選んだ松岡勇介さん(26)=青森県=と松井美希子さん(24)=栃木県=は親族や友人約50人を前に指輪を交換し誓いのキスをした。2人は共に信州大学農学部で学んだ間柄。千畳敷はデートで訪れた思い出の地という。

美希子さんは「天気も景色も最高ですごく幸せ」と満面の笑みを浮かべ、勇介さんは「千畳敷には、またいつか二人で訪れ写真を撮りたい」と望んだ。

おすすめ情報

PAGE TOP