伊那市横山地区を辺地整備 計画案に意見を

LINEで送る
Pocket

伊那市は、同市横山地区を対象にした「辺地対策総合整備計画」を策定する。市は旧不燃物・粗大ごみ処理施設「鳩吹クリーンセンター」と「横山最終処分場」の後利用を図り、アクティビティー施設などを整備する方針。同計画により有利な財源である辺地対策事業債(辺地債)を活用し、整備を図る。3日まで計画案に対する意見を募集している。

辺地は山間地などで面積や人口、公共的施設までの距離などの要件に基づき算出される辺地度点数により定義される。市内では10地区が該当し、これまでに富県の上新山地区を対象にした計画が策定されている。

横山地区では鳩吹クリーンセンターなどの廃止を受け、市とともに後利用について検討。計画案では検討結果に基づき、同センターの再利用により自転車を中心としたアクティビティー施設を整備するとともに、鳩吹山のパラグライダーなどとの連携により、西部地区を「アクティビティーのメッカ」として地域活性化を図る。また、隣接する鳩吹公園を一体的に整備し、周辺の集会施設、キャンプ場に通じる市道、林道を整備することで広範囲にわたる地域活性化を目指す。

計画期間は2020~23年度の4年間で、アクティビティー施設整備、鳩吹公園整備、市道改良、林道整備の4事業を計画しており、事業費は計3億8710万円を見込んでいる。

計画案は市議会3月定例会に提出する予定。意見がある場合は意見提案書に必要事項を記入し、メール、ファクス、郵送、持参で市企画政策課(電話0265・78・4111、ファクス0265・74・1250)へ提出する。計画案は市役所の同課窓口や市のホームページで閲覧できる。

おすすめ情報

PAGE TOP