広がる住民参加 辰野町産エゴマで食用油

LINEで送る
Pocket

町内産エゴマ商品をPRする青木さん(右)と食の革命プロジェクトの事務局スタッフ

辰野町の食分野のブランド確立と6次産業化を推進する官民連携組織・食の革命プロジェクト運営協議会は3日から、町内産のエゴマを使った食用油とパウダー(粉末)を販売する。商品化は2年目で、今回も遊休農地対策でエゴマ栽培に取り組む町農業委員会と連携。希望者へ種を配布して栽培促進を図り、実を買い取って加工製造につなげた。住民参加の輪が徐々に広がっており、6次産業化の地域モデルを目指して自慢の商品をPRしていく。

商品は搾油率の高い黒エゴマの実を使い、駒ケ根市の搾油所に依頼し食用油を製造。酸化しにくい非加熱工法で良質な品に仕上げた。パウダーは、搾油後に栄養分の約3分の1が残るという実を町内で製粉して余さず利用した。今年も町のPRを兼ねて「日本のど真ん中 信州辰野」のラベルを張って売り出す。

エゴマは、血流改善や脳の活性化に効果があるとされる必須脂肪酸オメガ3、アルファリノレン酸を豊富に含む。食用油、パウダーともにみそ汁やサラダ、あえ物などに合わせると程よい香ばしさを感じつつさっぱりと味わえる。

町内では、町農業委員会が2017年から遊休農地を活用してエゴマ栽培を行い、住民に種を無料配布。これを受け同協議会で18年から町内産の実の買い取りを始め、自家消費にとどまらない6次産業化の仕組みをつくった。

19年には食用油とパウダーを商品化。健康ブームと相まって町内外から反響を呼び、町役場窓口での販売分40点ずつが売り出し後すぐに完売、2度の追加発注が出る盛況となった。

住民から持ち込まれる実はすべて搾油、製粉して商品化される。買い取り額は1キロあたり1100円。18年に11人が約63キロを提供したのに対して、19年は20人の約200キロと3倍増。今回の食用油で約270本分をまかなうなど、活動を力強く後押しした。

同協議会の雑穀の里プロジェクト専門部会員で、エゴマ栽培や製粉を担う青木博子さん(73)=同町沢底=は「町内で栽培する人や収穫量が増え、着実に町の活性化につながっている」と手ごたえを語り「独自の商品を通じて、町やエゴマに興味を持ってもらえれば」と呼び掛けている。

食用油は110グラム入り2000円、パウダーは100グラム入り350円(税込み)。町役場の産業振興課窓口で60点ずつ販売。同月から町内のたつのパークホテル、かやぶきの館でも売り出す。町ふるさと納税の返礼品としても取り扱う予定。

問い合わせは同協議会事務局(電話0266・41・1111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP