福呼ぶ豆まき 諏訪大社下社で節分祭

LINEで送る
Pocket

赤鬼、青鬼に豆をまいた諏訪大社下社の節分祭=春宮

下諏訪町の諏訪大社下社で節分の3日、節分祭があった。かみしも姿の年男、年女、厄年の人たちが豆まきと宝投げをし、境内は福を求める多くの人たちでにぎわった。

春宮では、神楽殿を3周する鬼に向かって「鬼は外、福は内」と声を上げて豆をぶつけた。宝投げでは、ミカンや菓子などが景気よく舞い上がると、親子連れが手を伸ばして受け取っていた。

今年還暦を迎えて宝を投げた男性(60)=同町小湯の上=は「還暦は一生に一度だと思って参加した。子どもの頃から宝投げには宝を拾いに来ていたが、初めて投げる側になってみると気持ちがいいものですね」と笑顔で話した。

おすすめ情報

PAGE TOP