認知症高齢者等見守り支援事業施行へ 南箕輪村

LINEで送る
Pocket

南箕輪村は10日の村議会全員協議会で、村内の認知症の高齢者に個人賠償責任保険に被保険者として加入してもらい、保険料の半額を村で補助する制度を創設する方針を示した。認知症患者が徘徊して事故を引き起こし、家族に多額の損害賠償金を支払う責任が生じた場合への支援策として計画。県内で同様の制度を設けているのは下條村のみという。

認知症患者が線路に立ち入って列車の運行を妨げたり、他人にけがをさせたり、他人の所有物を壊したりした時の損害を補償する制度。村は東京の損害保険会社と保険契約を締結し、保険料を支払う。被保険者の認知症の高齢者やその家族が、事故を起こし賠償責任を負う場合、1事故につき5億円を上限とする保険金が家族らに支払われる。保険料は1人当たり年間で1990円。村が半額を補助し、被保険者は負担金として1000円を村へ納入する。

被保険者となるのは、村内在住の介護保険対象者で、認知症により日常生活に支障をきたすおそれがある人。本人または家族が村に登録を申請する必要がある。

村は、「認知症高齢者等見守り支援事業」と銘打って、4月1日施行を目指す。現時点での対象者は10人の見込み。関連事業費約2万円を盛った2020年度一般会計当初予算案を村議会3月定例会に提出する方針だ。

おすすめ情報

PAGE TOP