合同企業セミナー 長野日報就職研究会

LINEで送る
Pocket

大学生らが諏訪地域の企業の説明を熱心に聞いた合同企業セミナー

長野日報就職研究会は12日、就職を控えた学生を対象にした「合同企業セミナー」を諏訪市湖岸通りのホテル紅やで開いた。大学院や大学、短大、専門学校の学生が参加。諏訪地域の製造業や宿泊業など企業16社のブースを回り、人事担当者から事業内容などの説明を受けた。

企業側は、訪れた学生一人ひとりにパソコンを見せながら事業内容や業務体制などを説明した。自社製品や取り扱う部品を学生に触ってもらいながら丁寧に解説するブースもあった。学生は積極的に質問し、就職活動の参考にした。

伊那市美篶出身で大学3年の蟹澤毅嗣さん(21)=東京都=は「諏訪は工業が盛んなイメージがあったので参加した。知らない企業が多かったが、自分の能力を生かせそうな企業を見つけられたので良かった」と話した。

合同企業セミナーは諏訪地域の企業について知ってもらおうと、同研究会が毎年開いている。3月3日には午後1時から「就職ガイダンス」をホテル紅やで開く。問い合わせは事務局の長野日報社広告局(電話0266・53・2000)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP