県内医療機関で感染者2人受け入れ 新型肺炎

LINEで送る
Pocket

県は12日、新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の検疫で分かった感染者のうち2人を県内の感染症指定医療機関で受け入れることを決めたと発表した。県健康福祉部によると、同日中に県内に搬送された。病院名、患者の性別や年齢などは医療機関への風評被害や患者のプライバシー侵害につながる懸念があるとして公表していない。

同部によると、厚生労働省から要請があった。土屋智則部長は同日、県庁で会見を開き、「県としては県民の安全を第一に考えているが、患者が多数で近隣県のみでは受け入れが十分でなく、人道上の観点から受け入れることとした」とし、「動線、病床は他の患者と接触しないよう万全の対策を取っている」と述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP