2020年2月19日付

LINEで送る
Pocket

上伊那地方各地で撮影された映画「霊犬戦士ハヤタロー~伊那谷幽玄の戦い」が完成し、伊那市の伊那旭座で先行上映が始まった。駒ケ根市の光前寺に伝わる霊犬早太郎伝説を題材にした特撮ヒーロー作品。民を困らせて早太郎に退治された怪物が現代によみがえり、霊犬戦士ハヤタローが立ち向かう物語だ▼公開初日の14日夜は記事の執筆があり、舞台あいさつまでしか会場に居られなかったが、翌々日に映画館を訪れて鑑賞した。天竜川の河童伝説にちなむ河童や、多種多様な妖怪たちも見所の一つ。地元の園児や市民エキストラも出演する▼一昨年12月の制作発表で「上伊那の自然の素晴らしさも伝えたい」と意気込みを語っていた岡本英郎監督。南北約80キロの上伊那地方。中川村の小渋ダムから辰野町の横川渓谷「蛇石」まで、名所や景勝地の映像が随所に盛り込まれ、上伊那の魅力が伝わる作品に仕上がっていた▼伊那旭座の上映は27日まで。4月には岡谷スカラ座でも上映される。「子どもたちにも見てもらい、古里に誇りを持ってもらえれば」。映画の共同プロデューサーを務めた伊那市出身のタレント成美さんの願いだ▼映画の完成はゴールではなくスタート―。スタッフや出演者の舞台あいさつからは、そんな決意が伝わってきた。映画を生かして上伊那を元気にする企画や仕掛けがチーム・ハヤタローから続々と生まれることを期待したい。

おすすめ情報

PAGE TOP