免許返納者配布シルキーバス回数券 来年度拡充

LINEで送る
Pocket

運転免許返納者への配布枚数を増やすシルキーバスの回数券

岡谷市のコミュニティーバス「シルキーバス」の利用促進事業として、市は2020年度、運転免許証を自主返納した市民に無料配布している回数券(12枚つづり、1500円相当)を従来の1セットから3セットに増やす。返納を機にバス利用のきっかけを提供し、新たな利用者を獲得していく狙い。75歳以上を対象としたお得な回数券も新たに導入し、利便性の向上を図っていく。

回数券の無料配布は、運転免許自主返納者への優遇制度として2012年1月にスタート。県公安委員会が発行する「申請による運転免許の取消通知書」を提示した市民に対し、市商業観光課の窓口で配布している。

18年度に免許を返納した市民は156人で、このうち154人が65歳以上。回数券の交付数は12年度が50人だったのに対し、今年度は2月17日現在で過去最多の97人が申請している。窓口を訪れた人へのアンケート調査などでは返納後のバス利用に向けた優遇制度の拡充を求める声もあったといい、配布する回数券の枚数を増やすことにした。

同課によると、18年度のバス利用者数は前年度比2173人減の13万1409人。ここ数年は利用者の減少傾向が続いている。利用者の獲得と定着を図るため、市は75歳以上を対象にした新たな回数券「おでかけパス」(10枚つづり、1000円)も導入する計画。これまでの回数券より1枚当たり25円安く乗車でき、高齢者のさらなる利用が期待される。

同課は「バスを存続させるためにも高齢者や免許返納者向けの施策を充実させ、多くの人に利用してもらいたい」としており、いずれもマンパワーによるゼロ予算事業として20年度の実施を計画している。

おすすめ情報

PAGE TOP