花の直売所きょうから 八ケ岳農業実践大学校

LINEで送る
Pocket

春の花々が咲きそろった八ケ岳中央農業実践大学校の「花の直売所」

原村の八ケ岳中央農業実践大学校の「花の直売所」が、今季も1日からオープンする。春の出荷時期に合わせ、学生が育ててきたパンジー3万ポット、ビオラ3万ポット、プリムラ1000ポットの苗が順次並ぶ。同直売所は「色とりどりの苗がそろっているので、春を感じに訪れてほしい」と呼び掛けている。年中無休。

花卉コースの1、2年生は種から苗を育て、連日、咲き終わった花の摘み取りや水やりに励んできた。今季は暖冬の影響で苗の成長が早いという。

1年の植田光さん(18)=滋賀県出身=は「苗を見比べて、好みの色を選んでもらいたい。寄せ植えのサービスもあるので相談してほしい」と話す。同じ1年の鈴木玲司さん(19)=富山県出身=は「自分たちが育てた花が売れると思うとうれしい」と、咲き誇る花々に笑顔を向けている。

問い合わせは同直売所(電話0266・74・2175)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP