中島千波さん日本画展始まる 高遠美術館

LINEで送る
Pocket

展示作品を解説する中島千波さん

伊那市高遠町の信州高遠美術館で7日、おぶせミュージアム・中島千波館所蔵品展「昇華と深化の画人 中島千波」展(長野日報社など後援)が始まった。上高井郡小布施町出身の日本画家・中島千波さん(74)の作品59点を展示。5月10日まで開催する。初日は中島さんが、作品制作の意図について語った。

中島さんは1945年に日本画家・中島清之の三男として生まれた。東京藝術大学日本画科の卒業で、大学卒業の年に、春季院展に初入選。その後、院展奨励賞、山種美術館賞展優秀賞など数々の賞を受けている。

代表作の一つ「樹霊淡墨桜」は桜の古木を描いたびょうぶ画で、作品解説した中島さんは「人間の何倍も生きる桜の生命力と自然のすごさ、いつかは朽ちていく姿を残そうと、肖像画のつもりで描いた」と述べた。

展示室には表紙画や挿画もあり、多様なジャンルで活躍する中島さんの画業が紹介されている。中島さんは「作家にはいろいろな面がある。作品から一人の作家が何を考えて何を伝えようとしているのかを感じてほしい」と話している。

入館料は一般800円、高校生以下と満18歳未満は無料。開館時間は午前9時~午後5時。休館日は3月中の10、14、17、23、24、31日で4月以降は会期末まで無休。問い合わせは同館(電話0265・94・3666)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP