アルパカ大人気 富士見の牧場が今季オープン

LINEで送る
Pocket

アルパカとの触れ合いを楽しむ親子

富士見町南原山の観光牧場「八ケ岳アルパカ牧場」が今季の営業を始めた。20日に開場し、3日間で昨季の2倍以上、約940人が来場し、盛況なスタートとなった。

新型コロナウイルスの感染拡大で営業の可否に迷ったものの、外出自粛を余儀なくされ、家にこもりっ放しの子どもの健康を案ずる保護者らの声もあって開場を決意。入園ゲートでの健康チェックや手洗いの徹底など対策を講じた。

場内には最年長の”16歳”から昨年生まれたばかりの幼獣まで22頭のアルパカがおり、人慣れした様子で来場者に餌をねだったり、時には寄り添って眠ったりする姿も。静岡県内から訪れた家族は「新型肺炎の感染リスクが少ないと思い、子どもの気晴らしになれば」と話し、小学4年生の男児は初めて見るアルパカに「柔らかくてすごく温かい」と顔をほころばせていた。

今季はアルパカが疾走を見せるダービーや、気ままに草をはむ姿を見せる放牧タイムを連日催すなど場内イベントを充実。飼育棟の新築で衛生管理も強化した。

開場時間は午前10時~午後4時。毎週火曜日休場(4月末までは木曜日も休場)。入場料は中学生以上600円、小学生、保育園児400円、3歳以下は無料。電話080・5140・2794。

おすすめ情報

PAGE TOP