ドローン活用で協定 諏訪3警察署とNPO

LINEで送る
Pocket

諏訪地方の茅野、諏訪、岡谷の3警察署とNPO法人諏訪広域ドローン協力会(諏訪市)は25日、災害時の情報収集や行方不明者の捜索などで警察の要請に基づき、ドローンを活用して協力する協定の締結式を諏訪署で開いた。3署長と同会役員が出席し、協定書に調印。ドローンを活用し、災害に強いまちづくりを目指す。同様の協定を警察と民間団体が結ぶのは県内では初めて。

協定書などによると、警察は災害時などに必要に応じて同会側に協力を依頼し、同会は可能な範囲で捜索や情報収集に協力する。上空から撮影した映像を警察側に提供し、役立ててもらう。協定に基づく活動を展開するため、同会は諏訪地方の一定の操作技術を持つパイロットでつくるチーム「スカイ・アトムズ」を結成した。横山真副理事長が隊長を務める。メンバーは約20人。同会は今後、県の元気づくり支援金を活用しながらさらに約20人を養成し、チーム加入を促して対応力を強化する方針。警察と同会の合同訓練も実施していくという。警察側は災害現場の迅速な確認、署員らに危険が及ぶ可能性がある場所の撮影などに期待を寄せている。

締結式で同会の北澤晃理事長は「地域のためにドローンが活躍できる場をつくってもらったことに感謝したい」とあいさつ。諏訪署の原安志署長は「協力会が持つ高度なドローン操作の技術を災害対応や人命救助で発揮してもらうことになる。迅速かつ的確な情報把握はその後の活動を大きく左右する。合同訓練を積み重ね、地域の安心安全のため、協力会の絶大な協力をお願いしたい」と期待を寄せた。横山パイロット隊長は「空から地域の安全をしっかりと守っていきたい」と抱負を述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP