みなみみのわフォトグランプリ 入賞作選出

LINEで送る
Pocket

南箕輪村観光協会は、写真コンテスト「第14回みなみみのわフォトグランプリ」の入賞作計15点を選出した。最優秀賞に輝いたのは、箕輪町の杉井道明さん撮影の「花が迎える大芝荘」。大芝高原の大芝荘前に植わるシダレザクラの桃色が印象的な、春の高原の色彩美を巧みにとらえた写真だ。

同協会は、「伝えたい、南箕輪の魅力」のテーマに沿った写真を募集。自然風景や伝統行事などをモチーフにした作品82点が村内外の写真愛好家ら33人から寄せられ、2月の1次審査で計36点に絞り込んだ。大芝高原味工房を会場に一般による人気投票も行い、約1カ月間で計329票が投じられた。3月の2次審査では、審査委員たちが、投票結果などを参考に色合いや構図の観点から、優秀作を選んだ。入賞作は3~7月に、村役場や大芝高原内施設など村内各地で展示する。

おすすめ情報

PAGE TOP