「万治の石仏」模様入りマスク 売れ行き好調

LINEで送る
Pocket

下諏訪町の文化財「万治の石仏」をイメージした模様が好評の手作りマスク=秋宮前観光案内所

諏訪大社下社秋宮(下諏訪町)近くの秋宮前観光案内所で販売している、町文化財「万治の石仏」の模様入り手作りマスクの売れ行きが好調だ。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、店頭でマスクが入手困難なことから地元住民が善意で製作し、同案内所に置いたところ、購入者が増加している。

マスクの素材は内側がガーゼで、外側はさまざまな絵柄が入った布。頬に当たる部分に、万治の石仏の顔部分をイメージした地元住民手作りの消しゴムはんこが押されている。同案内所によると地域住民から好評で、「お守りになりそう」「都市部に住む孫に送りたい」という声もあるという。

同案内所を運営する下諏訪商工会議所の職員は「まさかマスクが一番人気になると思っていなかった。地元の人も万治の石仏に興味を持つきっかけになれば」と話している。

価格は一つ200円から。営業時間は午前10時~午後3時。火、木曜休業。問い合わせは秋宮前観光案内所(電話0266・28・8668)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP