エプソンが投資ファンド 50億円ベンチャーに

LINEで送る
Pocket

セイコーエプソン(諏訪市)は、協業・オープンイノベーションの加速を目的に事業提携する企業などを対象としたベンチャー投資事業ファンドに乗り出す。子会社、エプソンクロスインベストメント(EXI、東京都)を設立。総額50億円のファンドを立ち上げ、ベンチャー投資を行う。

セイコーエプソンでは、資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速を基本方針の一つに挙げている。これまでM&A(合併・買収)や業務資本提携を通して事業開拓や市場開発を行ってきた。一方で、ファンドによる未上場企業への出資支援で、本業との相乗効果を得る方式も検討。オープンイノベーション戦略のさらなる加速に、迅速な意思決定や投資実行を可能にするとしてEXIを設立した。

社長はセイコーエプソンの小川恭範社長が兼務。独立系の投資会社グローバル・ブレインをパートナーに、50億円の投資枠で国内外のベンチャー企業を投資対象にファンドの運営を行うとしている。

おすすめ情報

PAGE TOP