遊び体験「ASOBINA」 24日オープン

LINEで送る
Pocket

森の中のコースを走行するバギーツアー。スピード感やスリリングな体験が味わえる。

伊那谷の自然や地形、景観を生かしたダイナミックな遊びが楽しめるエリア「ASOBINA(アソビナ)」が24日、伊那市横山にオープンする。プロパラグライダーパイロット呉本圭樹さん(41)=同市=が設立した会社「エルク」が運営。パラグライダータンデム(2人乗り)やマウンテンバイクツアー、森の中のコースを走るバギーツアーなど五つのアクティビティーで始動し、順次メニューを増やしていく。ウェブでの予約受け付けを始めた。

バギーツアーは中学生以上が対象で、旧横山キャンプ場近くにコースを整備した。ガイドが付き、平たんな場所で練習してから森のコースへ。時速は10~15キロながら「疾走感やスピード感、スリリングな体験が味わえる」という。

パラグライダータンデムは鳩吹山山頂(1320メートル)が発進地。呉本さんらインストラクターと一緒に約15分間の空の旅をし、二つのアルプスや天竜川、畦畔林などが織りなす絶景を楽しむ。旧キャンプ場の緩斜面ではパラグライダー体験。装備を付けて次第に操縦のこつやタイミングをつかみ、ふわりと浮き上がる。

マウンテンバイクツアーも山頂が出発地点で7キロ、5キロの二つのコースを用意。子どもも楽しめる。ボードに立ち乗りしてパドルをこぐサップは、美和ダム湖(長谷)などをフィールドにする予定だ。

呉本さんは「伊那谷の自然や空気、青い空、感動体験で笑顔を広げられたら。アクティビティーを通じて、また来たい、帰ってきたい、との思いを醸成したい」と話している。天竜川でのラフティングなども計画中。地元割引も検討している。

料金や所要時間などの詳細や予約申し込みはホームページ(伊那 アソビナで検索)へ。動画も公開している。問い合わせはエルク(電話0265・98・0048)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP