気分明るくスイセン開花 諏訪合同庁舎前

LINEで送る
Pocket

諏訪合同庁舎前の上川右岸で鮮やかに咲き誇るスイセン

諏訪市上川1の県諏訪合同庁舎前の上川右岸に植わるスイセンが見頃を迎え始めた。黄色い花の帯が日差しを浴びてきらめき、春の訪れを告げている。

スイセンは市老人クラブ連合会が25年以上前に植えたといい、黄色を中心に白色のスイセンも咲き広がる。同市によると、上川河川敷のスイセンは例年より2週間ほど早く開花したといい、「あと1週間ほどでピークを迎え始めるのでは」と予想している。

毎朝、対岸から一面の花々を楽しんでいるという男性は「新型コロナウイルスで大変な状況だが、明るい気分になります」と笑顔を見せていた。

市によると、四賀赤沼の河川敷のスイセンは現在3割ほどが咲いているという。

おすすめ情報

PAGE TOP