「布製手作りマスク」を 風楽っとカフェ

LINEで送る
Pocket

喫茶店「風楽っとカフェ」で販売されている色鮮やかな布製マスク

新型コロナウイルスの感染拡大防止のためマスクの品薄状態が続く中、諏訪市神宮寺の諏訪大社上社本宮北参道沿いにある上社ドライブインは、布製の手作りマスクの製作に乗り出した。マスクはドライブイン内の喫茶店「風楽っとカフェ」で販売。北原弘子社長は「手に入らず困っている人の助けになれば」と製作に追われている。

マスクのサイズは大(男性用)、中(女性用)、小(子供用)の3種類。口の周りをドーム型に覆う形状になっている。ゴムの長さは調整が可能。縦じまや迷彩などさまざまな柄があり、好みの柄をオーダーもできる。使用後は洗濯して何度も利用できる。

北原社長によると、多くの人から発注が寄せられているが、1時間で製作できるのは6枚のみ。2月下旬から作り始めたが、需要が高く店頭に並ぶまでに至らなかったという。増産体制に入っており、現在は全サイズ合わせて50個ほど在庫がある。

北原社長は「手作りマスクの作り方が世の中に広がりつつあるが裁縫が得意な人ばかりではない。苦手な方や時間のない方に利用してほしい。子ども向けのかわいいデザインもあるので楽しみながらマスクの着用を習慣化してほしい」と話している。

全サイズ1枚440円。問い合わせは同喫茶店(電話0266・58・1235)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP