岡谷市内小中学 今週は臨時休校 市教委方針

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの感染が諏訪地域でも拡大していることを受け、岡谷市教育委員会は6日、市内小中学校を7日から今週いっぱい臨時休校とする方針を決めた。週明けからの授業再開となるが、状況に応じて期間を延長する考え。各家庭の都合に配慮して、全7小学校には3月の臨時休校期間中と同様に学童クラブを開設する。

同日開いた市議会全員協議会で、新型コロナウイルスに関する今後の対応について報告した。諏訪地域で3人目の感染者が確認されたことを受け、市教育総務課は「拡大傾向をみて当面の間は休校とした」と説明。「県からの情報に未確認な部分がある」とし、今後の感染状況などによっては休校期間を延長する考えを示した。

経過を説明した岩本博行教育長は「急きょの対応だが、子どもたちの健康と安全を第一に考えての判断。市民の理解と冷静な対応をお願いしたい」と要請。今井竜五市長は「国県、諏訪地域の市町村や医療機関、市民と一丸となりこの難局を乗り越えていきたい」と述べた。

各校の学童クラブは10日までの4日間、午前7時45分から午後6時45分まで開設する。

おすすめ情報

PAGE TOP