2020年04月08日付

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの感染者が、ついに諏訪地方でも確認され、得体の知れないウイルスへの不安が一層高まってきた。ちまたはその話題で持ちきり。社会経済にも大きな影を落としており、このままではどんどんと気持ちが落ち込みそうで、気づけば明るい話題をネットで探す自分がいる▼例年この時期の紙面は希望に満ちた新1年生の学校生活や盛りを迎える桜の花の記事であふれかえる。記者として何とか明るい話題を提供しようと取材に出るが、どこに行っても「何か明るい話題はないのか」と逆に問われてしまう▼徐々に閉塞感が強まる世の中。知らぬ間にみな心が晴れ、希望の光が差し込むような記事を求めている。新型コロナに関するニュースへの関心は当然高いが、一方でそうした現実から目をそむけたくなるという人もいる▼松本のあるホテルで疫病を退散させる妖怪「アマビエ」をかたどったクッキーを販売し、話題を呼んでいる。アマビエの姿を写して人に見せると疫病を退けると伝えられ、SNSでは新型コロナの早期終息を願い、絵を描いたり人形を作ったりして発信する運動が広がっているという▼新型コロナは世界的な災害にも思える。マスクも消毒液も手に入らない状況では、わらにもすがる思いはみな同じだ。今は個々にできる対策をするしかない。じっと耐えた先には、必ず以前と変わらぬ生活が戻ることを皆分かっている。

おすすめ情報

PAGE TOP