臨時休校で悲しいけれど 諏訪市の小中学校

LINEで送る
Pocket

臨時休校前の授業を終えて下校する児童

新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休校(13~14日)となる諏訪市の小中学校は10日、休校前最後の登校日となった。城南小では児童が友人や教職員とのしばしの別れを惜しんだ。

授業は日程を短縮して行い、下校時には学年ごと時間をずらした。下校では児童が昇降口前で教職員とハイタッチしたり、友人同士で「気を付けて」「またね」などと声を掛け合ったりする姿が見られた。

6年の男子児童は休校の知らせを聞いて「またか」と思ったとし、「今年が小学校生活最後の1年。友人とたくさん遊びたいが、休校になってしまって悲しい。コロナウイルスで亡くなっている人がいるため怖さもある」と複雑な表情。1年生の保護者の渡辺奈穂実さんは「学校に慣れる期間だったのでもう少し通わせたかったが、コロナウイルスの感染が予防できるという面では休校になって安心した」と話した。

溝口純永校長は「残念だが、安全を考えれば仕方ない。学校が再開したら元気な姿を見せてほしい」と願った。休校期間のうち14~24日は小学1~3年生を対象に預かり事業を行い、小学4~6年生と中学生については登校日を設ける。

おすすめ情報

PAGE TOP