上伊那熱い夏本番 「KOMA夏」にぎわう

LINEで送る
Pocket

熱気あふれるダンスを披露する参加者ら

熱気あふれるダンスを披露する参加者ら

駒ケ根市の市民夏祭り「KOMA夏!!第14話」が23日、同市中心市街地で開かれた。28チーム・1000人余が出場したダンスパレードをはじめ、観光キャラクター「SPEED(スピード)太郎」のアトラクションや宝投げなど多彩なイベントを繰り広げ、大勢の市民らでにぎわった。

今回のテーマは「笑顔、勇気、元気!!~リオのカーニバルより普通にKOMA夏が好き!!」。午後5時半すぎ、開会セレモニーで杉本幸治市長が「踊りで暑さを吹き飛ばし、元気を出して」と呼び掛け、カウントダウンをしてダンスパレードがスタート。商店街にはテーマ曲「GO OVER」が響き、ダンスを踊る市民らの熱気で祭りは最高潮に達した。自由曲ダンスも会場を盛り上げた。

このほか特設ステージで各種アトラクションが行われたほか、お化け屋敷やSPEED太郎と触れ合える「SPEED太郎のひみつきち」なども子どもたちの人気を集めた。

KOMA夏!!に合わせ、商連こまがねの「ゆかたまつり」も開催。浴衣姿の男女が商店街を行き交い、祭りに華を添えた。

おすすめ情報

PAGE TOP