MTBコースが完成 伊那市西箕輪地域協議会

LINEで送る
Pocket

完成した上級者向けコースを試走する地元のマウンテンバイク愛好者

伊那市西箕輪地域協議会が、県の地域発元気づくり支援金を活用して経ケ岳自然植物園近くの山林に整備していたマウンテンバイク(MTB)の上級者向けトレイルコースが完成した。お披露目会は11日、現地で開かれ、地元住民らが新コースを見学。愛好者が試走し、高難度の林間コースで風を切った。

既設の初級・中級者向けコースを山側に延長し、2キロの周回コースを新たに整備した。開発に関わった元地域おこし協力隊の宮坂啓介さん(35)は「下りの斜度がきつく、バイクコントロールが求められるコース。縦横にうねりがあり、ジェットコースターのような感覚が楽しめる」と紹介。試走した自営業男性(40)は「下りだけでなく、上りも楽しめる考えられたコースだった」と感想を話した。

同地域協議会では、みはらしファームから自然植物園までの一帯を、地域の活性化に役立てようと整備を続けている。向山利雄会長は「こうした取り組みの一つとしてマウンテンバイクを盛り上げていきたい」と話した。

今季は27日の営業開始を予定しているが、新型コロナウイルスの感染拡大の状況次第で変更する可能性もある。

営業時間や料金などに関する問い合わせはみはらしファーム内の二輪舎knot(ノット)(電話0265・98・0242)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP