感染防止「今は我慢」 茅野、富士見、原3首長

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの感染拡大で政府が緊急事態宣言を発令したのを受け、茅野市の今井敦市長、富士見町の名取重治町長、原村の五味武雄村長は10日夜、感染防止へ共同声明を発表した。「人の命やふるさとがどうなるのか、あなたの行動にかかっている。やりたいこと、会いたい人、行きたいところがあるかもしれませんが、今は我慢して」などと訴えている。

今井市長が同市役所で10日夜開いた対策本部の会議後に明らかにした。同じ八ケ岳山麓で別荘地を抱える地域として連名で出した。「今後、身近に感染者が発生するかもしれませんが、憎むべきはウイルスであり、冷静な対応をお願いします」と呼び掛けている。3市町村のホームページのほか、フェイスブックなどで発信する。

同市の対策本部会議には市職員のほか、諏訪中央病院や諏訪郡医師会の医師ら約30人が出席。今後、新型コロナの局面が変化した際に、発熱やせきなどの症状がある人を受け入れる有症状者(発熱)外来が迅速に設置できるよう内容を協議した。

おすすめ情報

PAGE TOP