長野・松本地域に「警戒宣言」 知事発令

LINEで送る
Pocket

長野、松本地域に警戒宣言発令を決めた県の新型コロナウイルス感染症対策本部会議=県庁

阿部守一知事は14日、新型コロナウイルス感染者が多数発生しクラスター(感染者集団)形成の恐れがあるとして、長野地域と松本地域に「警戒宣言」を発令した。同日の対策本部会議で決めた。宣言では人との接触の機会を極力減らすなどの対策を徹底するよう強く呼び掛けている。県は独自の発生段階4区分で、両地域をほかの地域より1段高いレベル2(域内感染発生期)とした。

長野市では飲食店の従業員の感染で濃厚接触者が多数に上り、松本地域では伊那地域の感染者が塩尻市内で勤務して不特定の顧客と接触するなど、両地域でクラスターを形成する恐れがあると判断した。

県は発生段階について専門家の意見を聞き、両地域の状況を踏まえてレベル2の内容を修正。これまでの「感染経路が特定できない者が発生」と「単発的なクラスターが発生」に、「感染者の濃厚接触者が確定できず、クラスターを形成するおそれがある事例が発生」を追加した上で、両地域のレベルを引き上げて2とした。

レベル3(域内まん延期)についてもレベル2に該当する事例がおおむね2~3例以上発生した場合と、複数のクラスターが発生した場合に修正した。県は、国内の他地域の事例ではレベル2から3へ急速に進むケースが多いとして、レベル3になると「外出自粛や事業活動の休業など、厳しく広範な行動抑制」を求めざるを得なくなるとしている。

同日、阿部知事は長野、松本両広域連合長である両市長とテレビ会議を行い、「より悪い状況を念頭に先手先手で対応を打っていきたい」として警戒宣言の発令を伝えた。

会議後の取材に阿部知事は「大切な方の命を守るには県民一人ひとりの行動が極めて重要。医療崩壊が起きるような水準まで患者が増えないよう、なんとかここで押しとどめたい」と県民に危機感の共有を求め、他地域にも警戒宣言の発令に留意した行動を呼び掛けた。

おすすめ情報

PAGE TOP