故郷の米食べ頑張って 帰省自粛学生に発送

LINEで送る
Pocket

学生に送る米を手にする提案者の青山さん夫妻と提供者の加藤敏夫さん(右)

官民連携で地元を売り込む飯島町営業部の食部会と生産者らでつくる米販売グループは24日、新型コロナウイルスの影響で帰省を自粛したり、アルバイトがなくなったりして厳しい状況にある町出身の県外で暮らす学生を応援しようと、希望者に1人当たり米5キロを送る取り組みを始めた。米は賛同した農家が提供し、精米や梱包は町内の農業法人田切農産が協力。送料は町が負担し、地元の南信州米俵保存会が手掛けるわら細工のストラップも添える。関係者は「笑顔で再会できるよう故郷の米を味わい苦境を乗り越えてほしい」と話している。

「地元とつながろうプロジェクト」として企画し、学生には町のホームページからメールを使って応募してもらう仕組み。米を送ることで構築された情報交換のつながりは今後も生かして、故郷の良さをPRする中でUターンなども促したい考えだ。

米は24日の時点ですでに5軒ほどの農家から200キロ集まっており、5月末まで学生からの申し込みを受けている。無農薬の自然栽培米を提供した加藤敏夫さん=七久保=は「素晴らしい企画だと思う。地元の人の思いが町を離れている学生たちに届けばうれしい」と話した。

学生に送るすべての米の梱包袋には「こっちのお米を送るで。しっかり食べて 元気な顔を見せるんだに」と飯島弁でメッセージも書き添えられている。

米を送ることを提案した町営業部メンバーの青山純さん、順子さん夫妻=七久保=は「娘家族が東京で暮らしているが、自粛で飯島町に来たくても来ることができず、野菜などを送り連絡を取り合っている。会えないけれどつながっている。実家を離れている学生の皆さんは心細いと思うが、故郷とつながって元気に過ごしてもらいたい」と目を細めた。

おすすめ情報

PAGE TOP